WiMAXと305ZTのどっちを契約するかは使い方次第

WiMAX2+と305ZTを比較するポイントは2つ。通信制限エリアです。WiMAX2+は月額容量は制限なしで利用できるギガ放題プランを用意しています。305ZTは少し手間がかかりますが、7GBを超えたあとの制限解除料金を無料にするキャンペーンを継続しておこなっています。ですから、月額料金以外の料金がかからずに、無制限に通信することができます。

問題は、この2つの機種には月の制限以外にも制限があることです。まったく通信量を気にせずに利用できるわけではありません。

完全無制限じゃないから要注意

それぞれの機種にメリットデメリットがあります。その点を把握して選ぶといいです。 まずはこの2機種のポイントを比較してみます。

WiMAX2+と305ztの主要ポイント比較表

項目 WiMAX 305zt
速度 220Mbps 220Mbps
月の制限 なし 月7GB
追加料金で解除可能
500MB/500円
3日制限 3日3GB 3日1GB

利用目的に合わせることが重要

とにかく無制限で利用したいなら、WiMAX2+を契約しましょう。3日で3GB制限はあります。ですが利用規約を見ると

ネットワーク混雑回避のため、前日までの直近3日間で「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信量の合計が3GB以上となった場合、「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信速度を翌日にかけて制限する場合があります。
と書かれています。

これは3日3GBを超えている回線全てに制限をかけるのではなく、混雑回避のために制限をかけることが分かります。もし回線が混雑していないようならauのスマートフォン同様に1日中制限がかかることもなさそうです。

一方で、ワイモバイルの305ZTは2015年4月にはいってから、それまで全く制限がかかっていなかったにも関わらず、一転して3日1GBの制限を導入しました。これがソフトバンクの携帯と同じように、3日で1GB以上使用したら、強制的に制限がかかる仕様になっています。周辺の通信状況が混雑していようがいまいが、3日で通信量の合計が1GBを超えたら制限です。

料金ではワイモバイルのほうが安いですが、3日で1GBだと、1日300MB程度しか利用できません。1ヶ月計算だと9GB程度です。これなら料金が安くてもモバイルルーターを持つ意味が薄れてしまうでしょう。

月の制限を気にせずに使いたいならWiMAX2+

WiMAX2+を利用してギガ放題プランの契約をすれば、月額料金はやや高くなるものの、月の制限がありません。 ただ制限が完全にないわけではなく、3日で3GBを利用すると制限がかかる仕様になっています。 2015年4月から制限を実施する予定となっていましたが、2015年5月現在も制限がかけられていないようです。ですが、今後は制限がかけられるようですから、WiMAXも完全に無制限ではありません。

それでもワイモバイルの3日1GBの3倍は利用することができます。ですから、自宅回線などの代わりとして大容量で利用しようと思うと、ワイモバイルの制限には必ずひっかかることになります。容量を考えて契約するのがいいでしょう。WiMAXを利用するとどうしても湧いモバイルのプランよりも高額にはなりますが、WiMAXのキャンペーンを比較してプロバイダを選べば、かなり安く利用することもできます。

UQコミュニケーションズと契約すると、モバイルルーターが無料にならないなど、少し条件面でフリになります。またワイモバイルは契約によっては月額3,000円切る料金で利用することもできます。こうした料金プランなどと実際利用する容量とを見比べながら契約するといいかもしれません。

305ZTのプロバイダは少ない

305ztの問題点はこれだけではありません。現在ワイモバイルのモバイルルターを販売しているのはワイモバイルかもしくはヤフーwifiくらいしか見当たりません。

そのために、あまり料金のメリットがあるプランが無いのが現状です。

gp02を販売していたころは、wimax同様にプロバイダーが参加していました。現在はそれらのプロバイダーも手を引いてしまっている状況です。biglobe wimaxやnifty wimax、gmoとくとくbbなどもイーモバイルの端末と回線を発売していましたからね。

プロバイダーが複数参加しているということは、当然のことですが、料金の競争が始まります。なにせ利用している回線も端末も同じものを販売しないといけないんですから、価格を下げるくらいしかないのでしょう。

それが無くなってしまったのがワイモバイルのルーターをおすすめできない最大の理由です。

このページの先頭へ

Yahoo!GeoCities